« ジョウビタキ:2008-No.02 | トップページ | ツグミ:2008-No.02 »

2008年2月27日 (水)

ルリビタキ:2008-No.05

逆光気味に撮影すると背景に丸ボケを作りやすい。花のマクロ撮影と要領は同じであるが、じっくりと時間のかけられない野鳥撮影ではやはり難しいなあと思ってしまう。この画像も後1歩。後2歩、3歩かな?(汗)

2008.01/OLYMPUS E-3 ED300mm+EC-20

Sora080227a
ルリビタキ(スズメ目ツグミ科)
翼の付け根に幼鳥時の名残らしき斑模様があるので、随分と若い個体のようである。私はルリビタキのメスと若鳥・オスの区別に自信がないのであるが、こうなるとお手上げである。どちらか分かる人いませんか~。Help!

blogランキングに参加中・ポチッと→ 人気blogランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

|

« ジョウビタキ:2008-No.02 | トップページ | ツグミ:2008-No.02 »

ルリビタキ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

すげ~!!
シャープですねぇ・・・・

投稿: ふりーぱ | 2008年2月27日 (水) 19時31分

>ふりーぱさん
35ミリカメラ換算で1,200mm相当の超望遠レンズになるととてもブレやすいのですが、たまにこのようなまぐれショットを得られることがあります。happy01 camera

投稿: Amami | 2008年2月27日 (水) 19時53分

Amamiさま・・・
またまた、ご謙遜を・・・\\(^。^)
腕も然ることながら、レンズもなかなかヌケの良い、いい味出していますね。
やるな、オリンパス!!ってカンジですね。

投稿: ふりーぱ | 2008年2月28日 (木) 14時36分

>ふりーぱさん
私の腕はともかくとして、このレンズはとても良いですね。テレコンの性能も素晴らしいので、絞り開放から安心して使えますよ。shine

投稿: Amami | 2008年2月28日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154963/10738434

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ:2008-No.05:

« ジョウビタキ:2008-No.02 | トップページ | ツグミ:2008-No.02 »