« オオルリ:2008-No.04 | トップページ | ルリビタキ:2008-No.09 »

2008年5月19日 (月)

ルリビタキ:2008-No.08

初夏になったので、亜高山帯でルリビタキの撮影。とある高山への登山口、足下にはニリンソウやキクザキイチゲといった春先の花が咲いている。雪解け水で渓流のせせらぎが水量を増している。そして、その横の斜面には残雪といった環境である。

2008.05/OLYMPUS E-3 ED300mm+EC-20

Sora080519a
ルリビタキ(スズメ目ツグミ科)
冬には単独で行動しているルリビタキであるが、今は繁殖期で数羽のオスとメスが林の中を飛び交っている。この季節ならではのツーショット写真を撮れたら良いなと思う。

Sora080519b
近くにはこんな看板も。(爆)
冗談抜きでクマの出没地帯なので、慎重な行動が要求される場所である。すれ違った山菜採りのおじさんに「クマが出るから気を付けて。」と注意を受けた。leo coldsweats01

blogランキングに参加中・ポチッと→ 人気blogランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

|

« オオルリ:2008-No.04 | トップページ | ルリビタキ:2008-No.09 »

ルリビタキ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154963/20877668

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ:2008-No.08:

« オオルリ:2008-No.04 | トップページ | ルリビタキ:2008-No.09 »